メニュー

糖尿病の合併症

初期の糖尿病では基本的に自覚症状はほとんどありません。しかし、糖尿病を放置すると動脈硬化がどんどん進行し、様々な合併症が発症します。三大合併症としては神経、眼(網膜)、腎臓(し、め、じ と覚えます)の障害があります。

三大合併症

神経障害 

三大合併症としては最も早期に発症し、末梢神経障害と自律神経障害があります。

末梢神経障害:手足の痛みやしびれ、知覚低下など

自律神経障害:立ちくらみ、発汗異常、便秘、下痢など

網膜症

目の内側に光や色を感じる網膜という組織があり、長期間高血糖状態が続くとこの網膜にある細い血管が障害され、様々な病変を引き起こします。病態が悪くなるまで視力が落ちたりなど、自覚症状がほとんどないのが特徴的で、時には失明に至ったりする場合もあります。糖尿病が疑われた際は早めに眼科を受診をすることが大切です。

腎症

腎臓は毛細血管と言われる細い血管の集まりです。長期間高血糖状態が続くと腎臓の機能が悪くなり、徐々に尿が作れなくなります。最終的に自力で尿が作れなくなってしまうと人工透析と言う、機械で血液から不要な物質や水分を取り除かなくてはなりません。現在、人工透析の原因としては糖尿病の割合が最も多く(2017年時点 44%)、ここ数十年で凄まじく増加しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME